産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】米の軍事オプション 北の1500カ所を一斉攻撃か 核兵器の捕捉が課題

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウォッチ】
米の軍事オプション 北の1500カ所を一斉攻撃か 核兵器の捕捉が課題

 トランプ氏と安倍晋三首相の会談ではどこまで話し合われているのか。国連演説で安倍首相は「脅威はかつてなく重大。目前に迫っている」「必要なのは対話ではなく圧力だ」と述べており、米国から何らかのサインを受け取っている可能性もある。

北の核はどうなる?

 問題は北朝鮮の保有する核兵器の捕獲・破壊だ。惠谷氏は「北朝鮮では核兵器は国家保衛省(秘密警察)が管理している」とみる。これは旧ソ連方式で、北朝鮮軍は軍管理を旧ソ連式で行うことが多いからだ。

 核兵器は山岳のトンネル内に保管されているとみられ、「米軍は大部分を把握し番号をつけている。一斉爆撃ではトンネルの入り口をたたく」(惠谷氏)とみられるが、保管場所のすべてを米軍は捕捉しているかは不明で、最終的には韓国軍など地上部隊が確認するしか方法がないという。(編集委員)

このニュースの写真

  • 米の軍事オプション 北の1500カ所を一斉攻撃か 核兵器の捕捉が課題

「ニュース」のランキング