産経ニュース

【2018平昌五輪】安全性は大丈夫か? 五輪用の高速鉄道で事故・故障が頻発

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
安全性は大丈夫か? 五輪用の高速鉄道で事故・故障が頻発

平昌五輪で各国選手団、観客らの輸送を担う高速鉄道の路線図。故障や事故が相次ぎ、韓国内で安全性が問題視されている 平昌五輪で各国選手団、観客らの輸送を担う高速鉄道の路線図。故障や事故が相次ぎ、韓国内で安全性が問題視されている

 聯合ニュースは9月14日、平昌五輪の開幕に合わせて開通させようとして、無理な試運転を行ったと報じた。鉄道施設公団はシステムエラーを事故の原因と指摘しているが、鉄道労組は「それは責任回避にすぎない。開通時期に追われて点検時間を節約しようとして安全対策もなく、無謀にも同一線上で2本の列車に試運転を強行させたことが根本的な原因だ」と強調した。また、システムエラーが発生した場合、列車は追突するしかなく「運転士の命を懸けた無謀な試運転が惨事につながった」と非難した。

 新型の高速鉄道は3月11日にも突然停止する故障を発生した。原因は主な改良点である電力供給部のボルトが1つ正しく締められておらず、そのためバッテリーが早く消耗してしまったようだ。

 東亜日報によると、この問題は3月に国会の国土交通委員会で取り上げられ、新型車両は昨年12月に商業運行されてから1カ月に1回の頻度で障害が発生していると指摘されていた。3月の故障を受けて、韓国鉄道公社(KORAIL)は改良した電力供給系統を集中点検してボルト問題を確認。「製造上の欠陥」と結論づけ、現代・起亜自動車グループ傘下の製造メーカー、現代ロテムを介して部品交換やシステム変更などの措置を行ったと伝えられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安全性は大丈夫か? 五輪用の高速鉄道で事故・故障が頻発

「ニュース」のランキング