産経ニュース

【岡田浩明の野党ウオッチ】さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【岡田浩明の野党ウオッチ】
さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か

民進党の前原誠司代表(中央)が幹事長に指名した大島敦氏(右)。自身も認めているように、全国的には無名に近い=9月5日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影) 民進党の前原誠司代表(中央)が幹事長に指名した大島敦氏(右)。自身も認めているように、全国的には無名に近い=9月5日午後、東京・永田町の民進党本部(斎藤良雄撮影)

 新執行部人事の失敗に続き「離党ドミノ」と出足からつまずいた前原誠司代表(55)率いる民進党執行部の陣容を眺めると、野党第一党として迫力不足は否めない。山尾志桜里元政調会長(43)の不倫疑惑で幹事長ポストが回ってきた大島敦幹事長(60)は自らを「地味」と評し、階猛政調会長(50)も存在感が薄い。大島、階両氏とも政治手腕は未知数で、権謀術数にたけたベテランぞろいの自民党執行部に対峙できるのか-。

 大島氏は長年、民間企業でサラリーマン生活を送り、平成12年の衆院選で埼玉6区から民主党(当時)公認で初当選した。当選6回だが、当選同期で過去の年金記録問題の追及で脚光を浴び「ミスター年金」として知られる長妻昭選対委員長(57)に比べて明らかに知名度は劣る。長妻氏が党東京都連会長になった都連会合で、大島氏は「長妻さんとは同期なんですけど、ほとんど無名な大島です」と自虐的に自己紹介をしたほどだ。

 大島氏の幹事長就任は今回の党代表選で前原氏陣営の選対本部長を務めた論功行賞という見方がある。大島氏は9月5日、記者団に「私はコツコツやっていくタイプ。発信力は前原代表が発信し、私は代表の下で党をしっかりとまとめていくのが仕事だ」と抱負を語った。

続きを読む

このニュースの写真

  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か
  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か
  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か
  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か
  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か
  • さながら「離党届受理係」の民進・大島幹事長 階政調会長とのジミで無色なコンビで大丈夫か

「ニュース」のランキング