産経ニュース

【スポーツ異聞】U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

カナダで行われた野球U-18W杯で日本は3位に終わり、清宮(右)は観戦に来た母、幸世さんと抱き合った(矢島康弘撮影) カナダで行われた野球U-18W杯で日本は3位に終わり、清宮(右)は観戦に来た母、幸世さんと抱き合った(矢島康弘撮影)

 カナダのオンタリオ州サンダーベイで開催され、9月10日に閉幕した野球のU-18(18歳以下)ワードカップ(W杯)。高校日本代表は3位に終わり、主将を務めた主砲の清宮幸太郎内野手(東京・早実)も「まだまだ実力がない。全然、打てなかった」と涙にくれた。

 大会期間中、全試合で4番打者を任せられた清宮は、2本塁打を放ち、高校通算で111本塁打まで伸ばしたものの、32打数7安打で打率は.219と低迷。打点も6にとどまった。中でも、1次リーグ第2戦の米国戦(2日)では、4打数ノーヒットに封じ込まれ、準決勝のアジアの宿敵・韓国戦(9日)でも、4打数ノーヒットに終わり、「4番としてキャプテンとして何もできなかった」と悔やんだ。

 米国の投手などに特有な手元で微妙に動くムービングボールに手を焼き、国際大会では定番となっている外角に広いストライクゾーンも困惑する一因になったようだ。金属バットから木製バットへの変更もスムーズにいかなかったようだ。清宮に限らず、日本国内では滅多にない、内野の天然芝は、日本の内野手を悩ませた。

続きを読む

このニュースの写真

  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

関連トピックス

「ニュース」のランキング