産経ニュース

【産経女子特区】ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【産経女子特区】
ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

ドローンを相棒に、ソーラーパネル設置にむけた山中の地形を計測する土方愛玲奈さん=群馬県藤岡市 ドローンを相棒に、ソーラーパネル設置にむけた山中の地形を計測する土方愛玲奈さん=群馬県藤岡市

体験会で“ハイテクの塊”実感

 さまざまな場面で活用が期待されるドローンを理解するには自ら操縦してみることが何よりだろう。ドローンの販売代理店が開催する無料体験会に参加すべく、横浜市金沢区にある「SEKIDO-DJI横浜ベイサイド店」に併設されたグラウンドを訪れた。

 ドローンを飛ばすには許可申請が必要な場所が多く、加えて申請時には10時間以上のフライト経験が必要になる。ここでは、誰でも参加できる無料体験会を月1回開催しているほか、メーカー公認の技能資格認定試験も行われている。購入した愛機を持ち込んでフライト練習をする人たちも多い。利用者の1~2割が女性という。

 操縦体験をさせてもらったのは、空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI(中国)の「Phantom(ファントム)」シリーズ。実際に操縦して難しいと感じたのが、機首が旋回した際の左右の指示の出し方だ。通常の操作は機首を正面とし、前後左右の指示を出す。機首と操縦者が同じ方向を見て進んでいる場合はよいが、対向状態になると、操縦者にとっての左右と機首にとっての左右が逆転。機体を右に動かそうとしながら、つい左の指示を出してしまう。

続きを読む

このニュースの写真

  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”
  • ドローン特集 可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

「ニュース」のランキング