産経ニュース

「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方

“青い目の日本茶伝道師”ブレケル・オスカルさん “青い目の日本茶伝道師”ブレケル・オスカルさん

 “青い目の日本茶伝道師”が活躍している。日本茶インストラクターのブレケル・オスカルさん(32)。高校生の時に日本茶に魅了され、スウェーデンから日本へ移り住んだ。日本茶普及のため国内各地や世界を飛び回っている。「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)、「サキどり」(NHK)などテレビ出演も多く、8月には初めての著書「僕が恋した日本茶のこと」(駒草出版、1500円+税)を出版。「日本茶は人類がつくりだした“世界遺産”。外国人が専門家になってもおかしくない。日本人に生まれた人が、この世界を知らずに生きていくのはもったいないでしょう?」。流暢(りゅうちょう)な日本語を操って語る、日本茶の新しい魅力とは?

渋くて苦い! 初めての出合い

 ブレケルさんは、コーヒーが主流のスウェーデンで、珍しく紅茶を飲む家庭で育った。地元の紅茶専門店で煎茶を売っていたので買ってみた。

 「渋くて苦い! むっとするような緑のにおい。どうして日本人はこんなものを飲むんだろう」

 日本茶との出合いはさんざんな感想。「ひとめぼれ」ではなかった。

 残った茶葉を捨てるわけにはいかないからと無理して飲み続けるうちに、苦みと渋みの奥に、さわやかな香り、すっきりとした後味を感じるようになってきた。

 以来、日本茶について知りたい一心で日本語を習得し、交換留学で1年間、岐阜大学に留学した。帰国後は通信教育で勉強して日本茶インストラクターの資格試験に挑戦したが、日本人でも合格率35%の難関だ。一度は不合格となった。受験のためだけに来日。帰りの飛行機で、目標とする「スウェーデンに美味しいお茶を届ける」ためには、日本で生活して、茶業界の中で人脈を作るしかないと決意した。日本企業への就職を決めて、2013年に東京でサラリーマン生活を始めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方
  • 「青い目の日本茶伝道師」 お茶に魅了されたスウェーデン人が提唱する日本茶の新しい楽しみ方

「ニュース」のランキング