産経ニュース

【松本学の野党ウオッチ】臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【松本学の野党ウオッチ】
臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!

 「応援団」どころか「張本人」である自民党と手を組んでおいて何を言っているんだ、というツッコミはさておき、この冗談のような「自共共闘」は、近年の大阪の選挙や住民投票ではお決まりの図式になりつつある。維新の地盤が強い大阪では、各党が「維新憎し」の一点で手を携えるケースが珍しくないのだ。

 維新の党是である「大阪都構想」の是非が問われた平成27年5月の大阪市の住民投票の際は、自民党の柳本卓治参院議員(72)が共産党の山下芳生副委員長(57)=当時は党書記局長=らと一緒に同党の街宣車の上で演説し、山下氏らを「兄弟」とまで持ち上げた。あまりの節操のなさに、菅義偉官房長官(68)が「全く理解できない」と苦言を呈したほどだ。

 同年11月の府知事・市長ダブル選では、自民党推薦候補が民主党(当時)と共産党の支援を受け、松井氏らと争った。普段は厳しく政府を批判している市民団体なども同調し、自民党推薦候補の街頭演説会で「アベ政治を許さない」のステッカーを掲げた聴衆が拍手を送るというギャグのよう光景すら見られた。

 もちろん、維新が掲げる施策への批判はあって当然だ。地域の事情に沿って国政とは異なる枠組みで政党が協力することも理解できる。

 竹山氏は「(大阪府と大阪市で制度案の議論が進む)都構想が実現すれば、その影響はすぐに堺市に及ぶ」と主張し、維新と対決することの意義を強調する。自民党の二階俊博幹事長(78)は、共産党を含む野党との連携について「ケース・バイ・ケースで地元の意向に沿うような形でやった」と説明している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!
  • 臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!
  • 臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!
  • 臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!
  • 臆面もなく共産党と手を組む自民党のあきれた二枚舌 堺市長選がとんでもないことになっているゾ!

「ニュース」のランキング