産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】自分という商品を売り込む それが面接だ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
自分という商品を売り込む それが面接だ!

損害保険ジャパン日本興亜の本社で、面接の受付をする学生たち=東京都新宿区 損害保険ジャパン日本興亜の本社で、面接の受付をする学生たち=東京都新宿区

 就職活動では、最終エントリーシート(ES)や最終グループディスカッション(GD)という言葉はありません。最後は、最終面接で終わります。ESやGDを突破しても面接を突破できなければ、企業から内定を獲得することはできません。これが就職活動です。

 誰もが志望企業から内定を勝ち取ることを目指していますが、実際は一部の学生に内定が集中しています。なぜ差が出てしまうのでしょうか。それは本質を理解して面接に臨んでいるかどうかということになります。

 では本質とは何でしょうか。基本的には企業と学生とがお互いのことを知ることを目的としているのが面接だということです。企業は学生のことを知ろうと努めてくるので、「自分のことを伝えない」といった面接は絶対にしてはいけません。しかし、多くの学生は自分のことを伝えようとしていません。伝えようとしないというより伝えたいけど伝えられないが正しい表現かもしれません。自分を伝えるのではなく、自分が取り組んできた経験を伝えようとしてしまうのです。結果として取り組んできたことは分かるが、学生のことが分からないという面接になってしまうことが多々あります。

続きを読む

「ニュース」のランキング