産経ニュース

【ビジネス解読】「大腸菌豚足」に「たばこの灰焼酎」…日本がうらやましい 問われる韓国・食の安全

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「大腸菌豚足」に「たばこの灰焼酎」…日本がうらやましい 問われる韓国・食の安全

豚肉加工品に関する消費者院の調査結果を報じるニュース番組(youtubeより) 豚肉加工品に関する消費者院の調査結果を報じるニュース番組(youtubeより)

 さらに、冷蔵・冷凍の豚足・ゆで豚など8製品で基準値の最大123万倍にあたる大腸菌群が見つかったほか、食品の腐敗を引き起こす細菌も基準値の最大270万倍が検出されたという。本当に食品といえるのかが危ぶまれる状態だ。

 消費者院に寄せられた豚足・ゆで豚などに対する消費者からの苦情・被害届は、2014年の45件から15年(57件)、16年(77件)と年々増加。今年1~6月も36件と前年に迫るペースで寄せられており、報告の85%が下痢や腹痛、じんましんなどの症状を訴えているという。

 同様に消費者院は8月10日、ファストフード店やコンビニエンスストア11社で販売するハンバーガー38製品のうち、1製品から基準を超える黄色ブドウ球菌が検出されたと発表した。いずれも消費者院は該当する事業者に衛生管理の強化と表示基準の順守を勧告したが、“汚染食品”の根絶につながるかは不透明だ。

リサイクルの弊害? 焼酎76万本からたばこの灰が

 検出されるのは雑菌ばかりではない。韓国・中央日報や朝鮮日報は8月17日、昌原市に本社を置く大手酒造メーカー、舞鶴(ムハク)の人気焼酎「ジョウンデー」からたばこの灰とみられる物質が検出され、5日間の営業停止処分を受けたと報じた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「大腸菌豚足」に「たばこの灰焼酎」…日本がうらやましい 問われる韓国・食の安全
  • 「大腸菌豚足」に「たばこの灰焼酎」…日本がうらやましい 問われる韓国・食の安全

「ニュース」のランキング