産経ニュース

【ニュースの深層】ひきこもり女性が「女子会」!? 彼女たちはナゼ集まるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
ひきこもり女性が「女子会」!? 彼女たちはナゼ集まるのか

男性がいない場で、安心して気持ちを分かち合う=(一部画像処理しています)(油原聡子撮影) 男性がいない場で、安心して気持ちを分かち合う=(一部画像処理しています)(油原聡子撮影)

「男性がいると緊張してしまう」

 体験談を聞いた後は、「仕事」や「メンタルヘルス」などのテーマに分かれ、少人数で語り合う。音楽やアニメなど趣味の分野がテーマのこともある。

 途中で体調が悪くなった場合に備えて、部屋の扉は常時開かれ出入りは自由だ。室内には「非交流スペース」と呼ばれる、ホワイトボードで遮られた場所があり、苦しくなったらそこで1人になれる。

 女子会に初めて参加した埼玉県の女性(21)は、いじめをきっかけに中学1年生の頃から、ひきこもりを繰り返している。

 「ずっとひきこもりだと不安になる。誰かと悩みを共有したかった。けれど、男性がいると緊張してしまう」と打ち明ける。「今日は同じ悩みを抱えている人がたくさんいることが分かって安心した。参加者の年齢層も幅広くて、医師との付き合い方などいろいろな話を聞けて参考になった。1人じゃ考えが及ばないような視点を与えてもらえた」とほっとした様子だった。

可視化されていない女性のひきこもり

 内閣府が昨年発表した調査によると、15~39歳のひきこもりの人は全国で推計54万1千人に上る。そのうち男性は63・3%、女性は36・7%と男性が圧倒的に多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • ひきこもり女性が「女子会」!? 彼女たちはナゼ集まるのか

「ニュース」のランキング