産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ

14日、ソウル市内の路線バス車内に登場した慰安婦像(名村隆寛撮影) 14日、ソウル市内の路線バス車内に登場した慰安婦像(名村隆寛撮影)

 今年4月に北朝鮮をめぐって国際社会が緊張した際、朝鮮半島有事に向けた日本での懸念や危機意識に対し、韓国では逆に「日本が不安感や危機感をあおっている」といった批判がメディアを中心に起きた。隣国で戦禍に巻き込まれる危険性がある日本の当然の危機感を、当事者である韓国では「大げさだ」「行き過ぎだ」などと一笑に付した。

 現在のソウルに住んでいれば、そう思ってしまうのも無理はない。先述のように社会全体に全く緊張感がないからだ。そして、緊張感のない韓国で何日間、何週間かを過ごし、「日本より北朝鮮に近いソウルはとても平穏で平和だった」と思い込んで帰国する日本人は多いはずだ。

 ソウル在住の日本人の間にも、「日本の一部メディアが危機感をあおっている」と言ったり、韓国メディア同様に「大げさだ」と主張する人もいる。

 主張や受け止め方は自由だ。ただ、韓国、ソウルは北朝鮮と軍事境界線を隔てて接しており、海を隔てた日本とは違うとはいっても、韓国からは北朝鮮の中を詳細に見ることはできない。

 金正恩政権の北朝鮮内部で今、具体的に何が起こり、何が企てられているのかの真相は、日韓問わず外からは分からない。突き詰めれば北朝鮮の金正恩委員長にしか分からない。 朝鮮半島での有事がないという確証はない。

余裕なのか、思い過ごしなのか

 長らく韓国にいると、外から見た客観的な朝鮮半島情勢について知りたくなることがある。韓国国内の社会的な雰囲気に慣らされ、「自分も感覚がマヒして始めていないか」「果たしてそうなのか」と思うことがあるためだ。そんな時は必ず、日本から見て北朝鮮と韓国、朝鮮半島は現在どのように見えるのかを、日本にいる知人らに聞くことにしている。これは必要なことだ。

 朝鮮半島情勢が緊張する一方での韓国社会の緊張感や危機感のなさについて、南北の格差、豊かさを得た韓国の余裕が背景にあるとの見方が日本などにはある。ただ、現在の当地での皮膚感覚として、こうした韓国の“余裕論”は10~15年ほど前ならば言えたことだろう。もし現在もそうならば、思い過ごしに過ぎない。

 すでに北朝鮮が公開し、日米をはじめとした国際社会が認めているように、北朝鮮の弾道ミサイル技術は飛躍的に進化している。これは韓国当局も認めるところだ。北朝鮮は狙った所にミサイルを撃ち込み、自ら誇示しているように、ミサイル技術を確実に向上させていることは断言できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ
  • 北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ

「ニュース」のランキング