産経ニュース

【野党ウオッチ】菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

平成28年7月23日、東京都知事選に立候補した鳥越俊太郎氏の応援演説後、聴衆と握手する民進党の菅直人元首相=東京都立川市 平成28年7月23日、東京都知事選に立候補した鳥越俊太郎氏の応援演説後、聴衆と握手する民進党の菅直人元首相=東京都立川市

 そうした中、民進党は7月の都議選で、前身の民主党時代を含め平成10年の結党以来最低の5議席に終わり、党執行部の責任を問う声が高まった。菅氏はこの混乱を党の施策に「原発ゼロ」を売り込むチャンスが訪れたととらえたようだ。

 菅氏はブログで「脱原発を明確にして政党の再建をすべき」「脱原発など党の政治姿勢が不鮮明なことが(支持率の上がらない)大きな原因だ」と立て続けに発信し、都議選惨敗からの党勢立て直しは「脱原発」を明確にすべきだと訴えた。仮に「2030年原発ゼロ」を公約に掲げられなかった場合には、「脱原発党(=緑の党)」結党の必要性も訴え、「原発関連業界の労働組合と妥協して原発を実質的に維持する政策を認めるのなら、原発ゼロ派と原発維持派に分党すべきだ」(7月23日付)とも呼びかけた。

 菅氏の分党構想は多くの議員が知ることになった。ところが、首相経験者のアピールにもかかわらず党内で反響は得られていない。

 菅氏と距離を置く中堅議員は「離党予備軍を抱えている中で、党代表経験者が軽々に発信する言葉ではない」と批判し、別の党関係者は「正直に言えば、菅氏は終わった人。小池百合子都知事ならついていくが、菅氏が分党してもなびく人はいない」と手厳しい。菅氏の主張は「無視」を飛び越え、「迷惑」にすらなっているようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

「ニュース」のランキング