産経ニュース

【野党ウオッチ】菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

平成28年7月23日、東京都知事選に立候補した鳥越俊太郎氏の応援演説後、聴衆と握手する民進党の菅直人元首相=東京都立川市 平成28年7月23日、東京都知事選に立候補した鳥越俊太郎氏の応援演説後、聴衆と握手する民進党の菅直人元首相=東京都立川市

 民進党の菅直人元首相(70)が、7月の東京都議選惨敗、蓮舫代表(49)の辞任表明で混乱する党内にあって「原子力発電ゼロ」を旗印にすべきだとの主張をブログを通じて繰り返している。原発ゼロ派と維持派による分党論もぶち上げたが、元首相の呼びかけは黙殺され、菅氏に近い議員も「党代表選の最中、極端なことは発信しない方がいい」とつれない。菅氏の原発ゼロにかける思いは独り相撲の様相を呈している。

 「原発ゼロを明確する代表を選び、次期国政選挙で最大の争点とするチャンスだ。原子力ムラと真正面から立ち向かい、原発容認派の票なぞあてにせず、その姿勢を国民に示す」

 菅氏は党代表選告示2日前の今月19日、自身のブログにこう書き込んだ。

 原発ゼロを訴える菅氏の代表選にかける思いは熱い。菅氏は首相当時の平成23年3月11日、東京電力福島第一原発事故に直面し、原発施策を推進してきたそれまでの立場を一転させ、反対派の急先鋒に転向した。ただ、菅氏の思いをよそに党内で原発ゼロ施策は思うように進まない。蓮舫執行部が今年3月の党大会に合わせて目指した「2030年代の原発ゼロ」の年限前倒しは党最大の支持組織である連合への根回し不足から、反発を招く結果となり見送られた。

 だからこそ、菅氏は党内の原発推進派議員について、原発の利益集団である「原子力ムラ」と揶揄してきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…
  • 菅直人元首相が怪気炎「原発ゼロ派と維持派に分党を」 混乱の中での呼びかけに民進党は黙殺…

「ニュース」のランキング