産経ニュース

【野党ウオッチ】民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く

民進党主催の憲法集会で、党憲法調査会長として発言する枝野幸男氏=8月5日、さいたま市大宮区(福島範和撮影) 民進党主催の憲法集会で、党憲法調査会長として発言する枝野幸男氏=8月5日、さいたま市大宮区(福島範和撮影)

 前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)が争う民進党代表選(8月21日告示、9月1日投開票)は、メディアで「保守vsリベラル」の構図だと報じられることが多い。確かに、保守系のイメージが強い前原氏と、リベラル派の党内グループに支援される枝野氏の立ち位置は対照的だ。ただ、枝野氏は「リベラル」というレッテルにいささか困惑しているようで…。

(8月17日午前1時にアップされた記事を再掲載しています)

 「代表選の有権者のうち、国会議員に限れば前原氏を支援する者が多い。枝野氏は『リベラル』『左派』のイメージが強く、特に若手から敬遠されている」

 ある民進党幹部は代表選の情勢をこう分析する。

 実際、前原氏がすでに党内の5グループから支援をとりつけているのに対し、枝野氏支援を決めたのは1グループにとどまっている。

 その陣容も対照的だ。前原氏陣営には、自身が率いる「凌雲会」(約20人)や、高木義明元文部科学相(71)を中心とする旧民社党系グループ(約15人)、離党した細野豪志元環境相(45)が創設した「自誓会」(約15人)など、保守色が比較的濃い勢力が目立つ。一方で枝野氏は、赤松広隆前衆院副議長(69)が束ねるリベラル派の旧社会党系グループ(約20人)の支援を受ける。

 支援グループの性格は、両氏が打ち出した政策にも反映されている。エネルギー政策では、前原氏が現在の党方針である「2030年代原発ゼロ」の堅持を掲げているのに対し、枝野氏は年限前倒しも検討する構えだ。共産党を含む野党共闘に関しては、前原氏は「その是非も含めて見直していきたい」と軌道修正を示唆し、枝野氏は「協力、応援してくれる人を排除する理由はない」と訴えている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く
  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く
  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く
  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く
  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く
  • 民進党代表選は本当に「保守vsリベラル」なのか? 左派色強い枝野幸男氏の思想を読み解く

関連トピックス

「ニュース」のランキング