産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】就職活動を終えた学生が後輩に伝えたい「本音」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
就職活動を終えた学生が後輩に伝えたい「本音」

損害保険ジャパン日本興亜の本社で、面接の受付をする学生たち=東京都新宿区 損害保険ジャパン日本興亜の本社で、面接の受付をする学生たち=東京都新宿区

 「希望の業界・企業から内定をもらった人の話を聞いて参考にしたい」。これは就活生の誰もが思うことです。もちろん、希望する企業から内定をもらうためには自己分析や面接練習は欠かせません。しかし、内定塾でセミナーを開くと「それ以外のことを教えてほしい」という声が非常に多いものです。そこで今回は就職活動を終えた人が語る「就活で学んだこと」そしてこれから就職活動に臨む後輩に伝えたい「本音」をご紹介します。

【ありのままの自分を受け入れてくる会社は少ないということ】

 「就職活動は本当の自分で勝負しろ」。こんな言葉を聞いたことがあると思います。

 しかし、私が触れ合ってきた学生の多くは「内定を取るためには多少は会社に合わせることが大切だということを学んだ。素を出して内定を獲得する学生もいるが、そんな人は何かの活動で輝かしい実績を残した人だけ」というような発言をします。

 もちろん、“ありのままの自分”を選考で出して内定を企業からいただけることはありがたいことだと思います。しかし、企業へ入社後はお付き合いのある取引先に合わせることや性格が合わない人とうまく付き合っていかなければならない場面が出てきます。そのため企業は新卒というまだ「働いた実績」のない学生に対して「うちの企業でうまくやっていけそうな人かどうか」を見極めているのではないでしょうか。

続きを読む

「ニュース」のランキング