産経ニュース

【ニュースの深層】今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

「市民とともに『いのち』を守る」とのスローガンを掲げ仙台市長選に臨んだ郡和子氏=7月9日、仙台市青葉区(大渡美咲撮影) 「市民とともに『いのち』を守る」とのスローガンを掲げ仙台市長選に臨んだ郡和子氏=7月9日、仙台市青葉区(大渡美咲撮影)

 「保守」に対しての「革新」という言葉も今では死語に近く、「左翼」「左派」「リベラル」などが当てはまる。

 郡氏は、韓国で慰安婦問題のデモに参加した元参院議員(宮城選挙区)の岡崎トミ子氏(1944~2017年)の“弟子筋”であることから、ネット上では「反日」との非難も目立つ。

 郡氏のホームページに掲載されている平成18年3月15日の日記には「従軍慰安婦問題で恒例の水曜デモが国会前であった。700回目のデモ。ハルモニたちに時間はない。一日も早く謝罪と補償をと、私もマイクを握った」との記述がある。

 TBS系アナから民主党へ

 秋保(あきう)温泉で有名な、仙台市太白区の秋保地区出身。東北学院大を卒業後、TBS系の東北放送に入社した。東北放送は岡崎氏がアナウンサーを務めた放送局だ。郡氏もニュース番組を中心にテレビ出演し、地元では有名なアナウンサーだった。出産、子育てをしながら仕事を続け、解説委員や報道制作局部長なども歴任した。

 昭和30年に宮城県松山町(現大崎市)で一家4人が殺害された「松山事件」で、再審無罪となった元死刑囚の斎藤幸夫氏を取材した。

 「社会の目の届かないところに不条理で思わぬ人生を歩まざるを得ない人がいる」

 これをきっかけに、「政治が解決できる」と確信。岡崎氏にも背中を押され、政界への転身を決意した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?
  • 今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

「ニュース」のランキング