産経ニュース

【ニュースの深層】今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

「市民とともに『いのち』を守る」とのスローガンを掲げ仙台市長選に臨んだ郡和子氏=7月9日、仙台市青葉区(大渡美咲撮影) 「市民とともに『いのち』を守る」とのスローガンを掲げ仙台市長選に臨んだ郡和子氏=7月9日、仙台市青葉区(大渡美咲撮影)

 7月23日投開票の仙台市長選で初当選した元民進党衆院議員の郡(こおり)和子氏(60)が22日に就任した。民進、社民の各県組織の支持と、共産党県委員会、自由党の支援を受け、与党系候補との真っ向勝負を制して次期市長の座を勝ち取り、自らを「革新市長」と称している。東北最大の都市・仙台の新たなかじ取り役の素顔は…。(東北総局取材班)

 「島野武氏以来だ」

 「島野市長以来の革新市長だ」

 投開票日から4日後の7月27日夕刻、市内のホテルで開かれた民進党宮城県連の幹事会。同党の国会議員や県議、市議が集まる会場に、白いジャケットをまとって、さっそうと登場した郡氏は自らをそう称した。

 「革新市長の任務の中で、一番大切なことはなんだろう」。郡氏はおもむろに一冊の本を手元に広げ、その一節を読み上げた。

 「市民と直結する市政をつくること。市民とともに生きること。言葉を換えれば、地方行政を高度に民主化することである」

 仙台市では、昭和33年2月から59年11月の四半世紀にわたり、「革新市長」と呼ばれた島野武氏(1905~84年)が、7期連続で市長の座に就いていた。「島野さんの市長日誌を改めて読ませていただいた」と述べた郡氏は、島野氏の著書を読み上げた後、こう宣言した。

 「私も同じことを肝に銘じて、これから活動してきたい」

 慰安婦問題のデモで演説

 「革新首長」は、東京都の美濃部亮吉知事、大阪府の黒田了一知事、京都府の蜷川虎三知事、横浜市の飛鳥田一雄市長らが知られるが、1970年代でほぼいなくなった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?
  • 今どき「革新市長」自称…ネット上では「反日」と批判 仙台市長の郡和子さんはどんな人?

「ニュース」のランキング