産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)  朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)

 「米国の様子をもう少し見守る」とした金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の真意はどこに? 21日に始まる米韓合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を前に危機の引き金は金正恩氏が握っている。そもそも、北朝鮮がグアム周辺へのミサイル発射を予告し米朝関係を極度に緊迫させた理由は何なのか。「発射はないだろう」との楽観論の一方、挑発が常態化することで危機が長期化する懸念もある。北朝鮮側の思惑を探った。(久保田るり子)

■ポイント1 恐怖から対米交渉を探った金正恩氏

 北朝鮮はなぜ、グアム周辺へのミサイル発射計画を詳細に予告したのか。軍事専門家の分析を総合すると狙いは次の3つだ。

 第1は、予告で米朝交渉を引き出す狙いだ。北朝鮮がいう「米国への警告」だけなら予告の必要はなかったはずだ。第2に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射成功で自国の交渉能力に自信を付けていた。第3は、過去最高レベルの国連制裁決議採択に対する猛反発で、中国へのメッセージでもあった。

 さらに背景として指摘されているのは金正恩氏の「恐怖」だ。

 北朝鮮が5月中旬、中距離弾道ミサイル「火星12」(射程4000キロ~6000キロ)発射を成功させた後、米空軍は8月上旬までに、有事に先制攻撃に使用するステルス性のある戦略爆撃機B1を計11回も朝鮮半島上空に飛ばした。金正恩氏はこの間、動静が途絶え、7月中旬からはほぼ1カ月、例外を除き行動を公開していない。B1は超低空飛行や精密爆撃も行うため、金正恩氏本人を狙う「斬首作戦」への恐怖があったとみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

「ニュース」のランキング