産経ニュース

【スポーツ異聞】「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは

バレー女子の韓国代表で主将のキム・ヨンギョンは若手に苦言を呈した(国際バレーボール連盟のホームページから) バレー女子の韓国代表で主将のキム・ヨンギョンは若手に苦言を呈した(国際バレーボール連盟のホームページから)

 そして今回、朝鮮日報は「薄い選手層、過密日程で酷使される代表選手たち」と題して報じている。通常、国内リーグなどのチームから代表選手は招集されるが、チーム側は選手のけがが怖く、代表選出をめぐって韓国協会とチームとがもめることが日常茶飯事になっていると指摘した。

 そのため、代表の14人枠が埋められず、最近の国際大会には12~13人で出場しているという。これでは中心選手が当然酷使され、けがしやすくなる。主将で攻撃の中心的存在のキム・ヨンギョンは「苦労している選手ばかりが苦労する」と苦言を呈し、代表に選手を出し渋るチーム所属の20歳の若手有望選手を名指しで批判した。

 キムはその後、マネジメント会社を通じて「実名を挙げて批判した部分は、代表選手の管理だけでなく、人材発掘・育成できるシステムの必要性を述べたもの」と正当性を訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは
  • 「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは
  • 「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは
  • 「何が起きているのだ!」 国の威信どころではない韓国バレーボール代表が直面している惨状とは

「ニュース」のランキング