PR

ニュース プレミアム

【正論9月号】自民党政権のある防衛相のとき尖閣上空視察中止のナゾ「中国を刺激しない」では尖閣失う

尖閣「無策」の行きつく先は

 尖閣諸島は少なくとも百二十二年前からの日本の固有領土であり、東アジア地域にとって地政学的に極めて重要である。それにも関わらず、政府の姿勢は弱く、戦略もなければ哲学もない。「弱々しい実効支配の主張」「弱々しい日本政府の行動」によって、結果的に尖閣諸島が奪われかねないことを指摘するのが本稿の目的であったが、私自身、日本政府の無策には本当に驚いた。  

 国際政治は極めて冷たく、残酷なものだ。私の見方では、中国は安倍政権下でこそ、尖閣に対して手を出してくるだろうと思う。もしも日本政府が「尖閣無策」のままで行けば、日本は確実に尖閣諸島を失うことにもなるだろう。こういう形であれば尖閣、竹島、北方領土の全ての領土問題が簡単に解決済みになるが、言うまでもなくこれは日本にとって、最悪の決着となる。過去45年間の日本の姿勢、つまり「中国を刺激しない」だとか「遠慮する」だとかいう従来のやり方は戦略ではなく、アプローチに過ぎない。尖閣問題に関しては、現実的な戦略が必要なのだということを重ねて指摘しておきたい。 

 アメリカがよくやるような、多くの人命が必要となる軍事的オプション-この場合は日中間での限定的な戦闘状態-に発展する前に、政府の関係者の常駐、施設の建設などによる「強い実効支配の主張」をする政治的な決断が必要だと日本に住む私は考えている。もし誰も赴任したがらなかったら? その時は私が尖閣諸島に常駐するボランティアとして喜んで手を挙げたい。

 ロバート・D・エルドリッヂ氏 1968(昭和43)年、米国ニュージャージー州生まれ。90年に米国バージニア州リンチバーグ大学国際関係学部卒業後来日。99年に神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程修了、政治学博士号を取得。大阪大学大学院准教授などを経て、2009年9月、在沖縄海兵隊政務外交部次長に就任。15年4月同職離任。著書に『沖縄問題の起源』(名古屋大学出版会)、『オキナワ論』(新潮新書)、『危険な沖縄』(産経新聞出版)など多数。主な受賞は、第15回アジア・太平洋賞特別賞、第25回サントリー学芸賞・思想歴史部門(03年、『沖縄問題の起源』)、第8回中曽根康弘賞(12年)、第32回大平正芳記念賞、第3回国家基本問題研究所日本研究賞(16年、『尖閣問題の起源』)。

※この記事は、月刊「正論9月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

         9月号 主なメニュー

★橋下徹 独占インタビュー 私の政権“交代”論

政治家は国民の奴隷じゃない。安倍首相は憲法改正の思いを貫いて-- 

★安倍晋三首相 自衛隊が「違憲」でいいのか《注目の神戸「正論」懇話会での講演 一挙掲載!》

★[対談]自民党副総裁 高村正彦×評論家 潮匡人 私達も本当は9条2項を削りたい

   × × ×

★都民ファーストの会代表 野田数がすべてを語る 小池百合子は何を考えているか 

★小池旋風 メディアの落とし穴   日本大学教授 先崎彰容 

   × × ×

【特集 戦後72年】

★都議選ポピュリズムと終わらない「戦後」  杏林大学名誉教授 田久保忠衛 

★それでも靖国は遠いのですか 激戦地ペリリューから  作家 将口泰浩 

★忘れられた戦没学徒たちの慰霊施設 淡路島「若人の広場」秘話  淡路島くにうみ協会副理事長 栃尾隆 

★シリーズ対談 日本が好き! 日本はあたたか~い  C・W・ニコル /ジャーナリスト 井上和彦 

   × × ×

★ウソ慰安婦謝罪碑の書き換えで拘束 奥茂治氏が激白 韓国警察との闘いの全て  産経新聞ソウル支局記者 桜井紀雄 

★独占リポート 朝日新聞のウソに挑む吉田清治の長男と奥茂治  ジャーナリスト 大高未貴 

   × × ×

★OB座談会 言ってはいけない官僚の真実  元外務官僚 宮家邦彦×元財務官僚 高橋洋一×元経産官僚 岸博幸×元経産官僚 石川和男 

★私を無視したマスコミと前川喜平氏に告ぐ  前愛媛県知事 加戸守行 

★豊田真由子サマだけじゃない! 現役国会議員秘書ヒショハラ大暴露座談会 

★世界遺産「軍艦島」を韓国の捏造映画から守ろう  前衆議院議員 杉田水脈

★激突!正論コロシアム 大学の無償化は是か非か  アゴラ研究所所長 池田信夫 × 衆議院議員 丸山穂高

★20××年 日本人が日本のマイノリティーになる日  産経新聞論説委員 河合雅司

★追悼 蔡焜燦 「愛日家」老台北に捧ぐ  ジャーナリスト 井上和彦

★追悼 岡田英弘 「歴史は文化」近代史学へのアンチテーゼ  文藝評論家 小川榮太郎 

★38度線が朝鮮半島の先まで下がる日  麗澤大学客員教授 西岡力 

★ミュレーション第2弾 北朝鮮の核テロ 日本で発生!  ジャーナリスト 梨恵華 

★日本の政治家は尖閣問題に背を向けている   元在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長 ロバート・D・エルドリッヂ 

★シリーズ日本虚人列伝 「沢木耕太郎」  評論家 渡辺望 

【連載】

★それ行け! 天安悶   業田良家

★ぬるま湯 正論  西原理恵子

★君は日本を誇れるか 総理が関与して何が悪い?  作家 竹田恒泰

※この記事は、月刊「正論9月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ