産経ニュース

【野党ウオッチ】さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

記者会見で辞任を表明し、笑顔で退席する民進党の蓮舫代表=7月27日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 記者会見で辞任を表明し、笑顔で退席する民進党の蓮舫代表=7月27日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 批判一辺倒に相手を攻め立てるだけではなく、穏やかな姿勢も実は持ち味だったのだ。この側面をもっと早く、前面に出していれば、1年未満での代表辞任ということはなかっただろう。

 蓮舫氏の発信力と存在感は誰もが認める。街頭に立てば、老いも若きも集まって握手を求め、蓮舫氏の名前が見出しに載った記事がインターネットに掲載されると閲覧回数が多いのも事実だ。良きにつけ、悪しきにつけ、注目度の高い蓮舫氏が第一線から去る。

 民進党代表選は、前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)による一騎打ちの公算だ。ただ、9月上旬で調整されている党代表選までは、蓮舫氏が野党第一党党首の役割を担う。安倍晋三政権が稲田朋美前防衛相の辞任などでほころびを見せるさなかに、蓮舫氏は党代表をほうり投げた。政権追及の格好のタイミングで野党第一党をレームダック(死に体)化したそしりは免れない。(政治部 奥原慎平)

このニュースの写真

  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 
  • さらば、蓮舫代表 「二重国籍」問題であらわになった受けの弱さ 

関連トピックス

「ニュース」のランキング