産経ニュース

【野党ウオッチ】蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ

「二重国籍」問題について記者会見する民進党の蓮舫代表。手前は公表した台湾籍喪失に関する書類=18日午後、東京・永田町(桐原正道撮影) 「二重国籍」問題について記者会見する民進党の蓮舫代表。手前は公表した台湾籍喪失に関する書類=18日午後、東京・永田町(桐原正道撮影)

 民進党の蓮舫代表(49)が台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題を解決した証拠として、戸籍謄本の一部を公開したことをめぐり「差別を助長する」といった批判が相次いでいる。改めて丁寧に説明したい。蓮舫氏のケースに限っていえば、戸籍謄本の公開は問題解決に避けて通れない道だった。「差別助長」との批判は議論のすり替えと言わざるを得ない。

 「全て国民は法の下に平等です。人種や性別、社会的身分などで差別されてはいけない。親や本人の国籍、髪や肌の色や名前や出自など、日本人と違うことを見つけ、違わないということを戸籍で示せと強要することがない社会を」

 蓮舫氏は18日の記者会見でこう述べた。そして、今回の戸籍公開はあくまで例外的措置であり「他者にあてはめたり、前例とすることは断じて認めることはできない」と訴えた。

 蓮舫氏のような「国籍に関する説明が二転三転した首相候補の政治家」が後世に出てこないことを前提とすれば、蓮舫氏の主張は全く同感だ。

 改めて指摘するが、外国人を親に持ったり、外国籍から帰化したりした日本人を差別し、排外主義的に出自を探ることはあってはならない。憲法14条には「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と書いてある。

 それでも蓮舫氏に戸籍謄本の公開が必要となるのはなぜか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ
  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ
  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ
  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ
  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ
  • 蓮舫氏の戸籍公開、「差別助長する」の批判は議論のすり替えだ

「ニュース」のランキング