産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

6月30日、米ワシントンのホワイトハウスで、共同声明発表を終えた韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領(ロイター) 6月30日、米ワシントンのホワイトハウスで、共同声明発表を終えた韓国の文在寅大統領(左)とトランプ米大統領(ロイター)

 こうした約束破りや国際条約違反を「国らしい国」が“まともな国”として平然と続けているのだ。それどころじゃない。「日本軍『慰安婦』被害者記念日」を制定するやら、「『慰安婦』被害者研究所」を設置するやら、「歴史館」の設立を通じ慰安婦問題の調査・研究事業を体系化するやら。すべて文氏が「国政運営5カ年計画」で発表したもので、日本を刺激するには余りある。

 康京和(カン・ギョンファ)外相に至っては、韓国紙の中央日報のインタビューで、日本大使館前の慰安婦像について「日本が移転を求めるほど、像はさらに作られる」とまで豪語している。国際法違反であるにもかかわらず、国連職員を務めた韓国が誇る“国際通”であるはずの外相が現にそう断言しているのだ。

 こうした「日本が相手なら何でもあり」といった姿勢は韓国ではおなじみのものだ。「国らしい国」の外交姿勢ではなく、「韓国らしい韓国の対日姿勢」と言える。

頼みはやはり甘えられる日本か

 ただ、大統領就任の前日まで、あれほど日韓合意の見直しや再交渉を訴えていた文氏は、就任後は「合意の再交渉」に公式には一切言及していない。文氏としては、これでも日本に対しては越えられない一線を越えずに踏みとどまっているわけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…
  • 「われわれには力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も甘える先は…

関連トピックス

「ニュース」のランキング