産経ニュース

【ビジネス解読】韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

 中央日報によると、韓国は05年から11年間にわたり一度も完成車生産国順位で「トップ5」の座を明け渡したことはなかったが、昨年は422万8536台で6位となり、448万8965台のインドに追い越された。

 今年上半期は状況がさらに悪化しており、7位のメキシコにいつ抜かれてもおかしくないというほどの惨状だ。

 韓国内の専門家は競争力低下の原因として、日本車やドイツ車などと比べた「ブランド戦略の失敗」を挙げている。例えば、日本のマツダは「操作が便利」、ドイツのフォルクスワーゲンは「燃費が良い」といったブランドイメージが確立されているが、韓国車の強みとされたコスト面の優位性は中国車の台頭で失われつつあるとしている。

 また、米国市場で人気のスポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックなどのモデル拡充が出遅れたことなども専門家らは問題視している。

 現代自にとっては、もはや悪い意味での“お家芸”ともいえる労使対立も頭の痛い問題だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング