産経ニュース

【ビジネス解読】韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

 聯合ニュースによると、韓国政府系シンクタンクの産業研究院は6月18日に発表した報告書で「今年上半期の韓国自動車メーカーの中国市場での販売減少率は、2012年にあった(尖閣諸島をめぐる)中日間の問題で日本車が受けた打撃よりも大きい」とし、「単純にTHAAD問題というより、韓国メーカーの競争力低下が中国市場で苦戦している原因だ」と指摘した。

 実際、現代自の不調は中国市場にとどまらない。中国に次ぐ米国市場の失速も鮮明だ。

 6月の米国での販売は、グループ全体で前年同月より15%程度減少。上半期は前年同期比8.6%減の64万2096台となった。

 同期の海外販売全体でも、現代自が9.3%減の185万3559台で、起亜自も9.9%減の106万4381台と落ち込んでいる。

 おひざ元の国内販売も低迷している。上半期は現代自が1.8%減の34万4783台で、起亜自も7.6%減の25万5843台。国内と海外を合わせると、現代自が8.2%減の219万8342台、起亜自が9.4%減の132万224台となった。

続きを読む

「ニュース」のランキング