産経ニュース

【高橋昌之のとっておき・特別編】支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高橋昌之のとっておき・特別編】
支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影) 「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影)

 一方、今後の政権運営を考えると、従来のような国会での法案採決強行という手段はとりづらくなると思います。私は野党の「何でも反対」という姿勢がそうさせてきたとも思っていますが、野党を取り込んでいく綿密で巧みな国会運営が必要になるでしょう。

 さらに、安倍首相が「2020年施行を目指す」としている憲法改正も、内閣支持率の急落によってスケジュールの変更が余儀なくされるかもしれません。安倍首相が提案している憲法への自衛隊の存在明記ということは極めて重要な課題です。それだけに失敗は許されません。国会での発議を強行に進めて、その反発から国民投票で否決されたら、それこそ日本の防衛にとって大きなマイナスになります。これもまた、自民党内、そして連立を組む公明党、さらには野党の一部の理解がしっかりと得られるよう丁寧に議論を進めるべきです。

 自らの信条を堅持し続けることは重要ですが、受け止めたくない現実でもそれを踏まえて進むべき方向性を見いだす。安倍首相には今、まさに「是非に及ばず」の境地が求められているのではないでしょうか。(編集委員)

 

このニュースの写真

  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「ニュース」のランキング