産経ニュース

【高橋昌之のとっておき・特別編】支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高橋昌之のとっておき・特別編】
支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影) 「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影)

 私の見立てでは、急落した内閣支持率が今後、一気に回復するということはないと思います。人間関係でも一度、「嫌い」と思われた人から「好き」と思われるのが難しいように、「支持しない」と言っている人の支持を取り戻すことは容易なことではありません。

 したがって、安倍首相は内閣支持率に一喜一憂することなく、低迷し続けることをも覚悟して、「是非に及ばす」流に達観した心境で「“そうする”しかない」と思います。ではどうするしかないのでしょうか。

 まず、支持率急落の要因となった森友学園問題、加計学園問題ですが、最終的に国民が「そういうことだったのか」と納得するような決着には至らないと思います。これらの問題に首相が関与していないというのが真相であれば、ないことをないと証明するのは極めて困難だからです。

 この局面を打開するには、安倍首相自身も述べていますが、「丁寧に説明する」しかありません。これまで安倍首相は野党の質問やヤジにいきり立ったり、ムキになって反論する場面がみられましたが、これらは封印すべきでしょう。そしてもちろん、疑惑解明の過程で不適切な対応をとった人物がいたとすれば、躊躇なく処分すべきです。国民から「国会はもうこれらの問題にとらわれているべきではない」と思ってもらえるまで、辛抱し続けるしかないと思います。

続きを読む

このニュースの写真

  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「ニュース」のランキング