産経ニュース

【高橋昌之のとっておき・特別編】支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【高橋昌之のとっておき・特別編】
支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影) 「是非に及ばず」の境地が求められている安倍晋三首相(代表撮影)

 「是非に及ばず」。戦国武将の織田信長が本能寺の変に際して発したとされる言葉です。意味は「当否や善悪を論じるまでもなく、そうするしかない」ということで、信長は明智光秀の謀反という現実を目の前にして、討ち死にを覚悟したうえで「迎え撃つしかない」と達観した心境に至りました。それをこの言葉が象徴しています。

 日本の政界では今、安倍晋三政権が危機に直面しています。森友学園問題、加計学園問題、稲田朋美防衛相の失言、自民党当選2回生の相次ぐ不祥事、そして東京都議選の惨敗などで、安倍内閣の支持率は30%前後まで急落しました。政治の世界では内閣支持率が30%台になると、政権維持の「危険水域」と言われ、現に歴代内閣がそれによって退陣に追い込まれています。

 平成24年12月の第2次安倍政権発足以来、最大の危機を迎えている安倍首相の心中はいかばかりでしょう。「自分が大きな失政をしたわけでもなく、こんなに頑張ってきたのに、なぜこんなことになっているのか」という思いもあるのではないでしょうか。

 そこで今、安倍首相に贈りたいと思う言葉が「是非に及ばず」なのです。信長は討ち死にしましたが、安倍首相はまだ退陣に追い込まれているわけではありません。ただ、内閣支持率が急落したという現実を踏まえて、国民の信頼を取り戻すことしか政権継続の道はないのです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる
  • 支持率急落の安倍晋三首相に今贈りたい言葉「是非に及ばず」 愚直に国民目線で政権を運営することに尽きる

「ニュース」のランキング