産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】面接の質問で「No」と答えたらどうなるか実験してみた!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
面接の質問で「No」と答えたらどうなるか実験してみた!

大和ハウス工業の採用面接前、担当者から説明を受ける学生=6月1日午前、大阪市 大和ハウス工業の採用面接前、担当者から説明を受ける学生=6月1日午前、大阪市

 結局のところ、面接で「聞かれるから」仕方なくそれに合わせて用意しているのが実情でしょう。就活生がみんな面接官に合わせているので、結局“内定を取るためだけ”の就活力の偏差値が上がっている状況です。

 ここで一つ面白い話をしましょう。本来であれば絶対にやってはいけないことですが、参考にしてほしいと思います。上記のような就活のカラクリに気付いた就活生が、「本音ベース」で面接に臨む実験をしていたのです。ちなみに彼は某外資系コンサルに早期内定している方なので、就活的に言えば“超優秀層”に入る方でしょう。某大手IT企業の面接では「本音ベース」で臨むために、下記のような受け答えをしていました。

 --学生時代に頑張ったことは

 「筋トレです」

 --あなたの強みは

 「優しいところです」

 --就活の軸は

 「待遇が良く、親が納得する良い企業を見ています」

 この答えは彼なりに本音で考えたものをそのまま言ったらしいのですが、面接中に面接官の顔がゆがんでいくのが分かったそうで、何とも言えない雰囲気が漂っていたということです。そして結果としては、見事に不合格。

続きを読む

「ニュース」のランキング