産経ニュース

【トレンド日本】将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?

「藤井聡太四段も使っていた!」というポップが店頭で目をひく、くもん出版の「NEW スタディ将棋」=東京都豊島区の西武池袋本店(油原聡子撮影) 「藤井聡太四段も使っていた!」というポップが店頭で目をひく、くもん出版の「NEW スタディ将棋」=東京都豊島区の西武池袋本店(油原聡子撮影)

 公式戦連勝歴代最多タイ記録となる28連勝を果たした史上最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が子供の頃に遊んだ玩具が今、飛ぶように売れている。もちろん、「藤井さんのような思考力や集中力を」と子供をもつ親たち、あるいは祖父母らが、こぞって買い求めているからだが、数万円もする木製ブロックのパズルが入荷半年待ちになるほどの人気ぶり。気になる天才を育んだ玩具とは-。

3万円の玩具に予約殺到

 「こんなに売れるのは、取り扱いを始めて以来、初めてです」

 そう話すのは、藤井四段が3歳のときから遊んでいたと、テレビでも紹介された木の玩具「キュボロ」の正規輸入代理店、アトリエニキティキ(東京都武蔵野市)の広報担当、喜多崎香子さんだ。2004年からキュボロの取り扱いを始めた。

 キュボロはスイスのキュボロ社の玩具。溝や穴のついた5センチ角の木のブロックを組み合わせ、上から落とした玉が下まで転がり出られる通路を作りあげるのが基本の遊び方。

 開発者のマティアス・エッターさんが、ソーシャルワーカーとして心身に障害のある子供と関わるなかで、子供たちの能力に合わせたおもちゃを作ろうと生まれた商品が原型だ。

 日本では05年の愛・地球博(愛知万博)の際に、スイス館にキュボロで作った巨大なお城が展示され、知られるようになったという。

 ブロックの数が増えるにつれ、想像力を駆使して外から見えない内側の通路を作ることになるので、三次元の構成力や集中力が自然と養われる、とされている。対象年齢は5歳以上からだが、「ブロックの数が少なければ、もっと小さなお子さんでも十分に遊べます」と喜多崎さん。

続きを読む

このニュースの写真

  • 将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?
  • 将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?
  • 将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?

「ニュース」のランキング