産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】インターンシップは早期の内定獲得に「有利」 選考形式に注意を!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
インターンシップは早期の内定獲得に「有利」 選考形式に注意を!

三井住友海上火災保険の採用面接を受けるため受け付けの手続きをする学生ら=6月1日午前、東京都千代田区 三井住友海上火災保険の採用面接を受けるため受け付けの手続きをする学生ら=6月1日午前、東京都千代田区

 大学3年生の7月はインターンシップの選考が始まる時期です。インターンシップとは、「学生が就業経験を積むために企業などで実習・研修的な就業体験をする制度」のことです。簡単に言えば「学生のうちに会社で働くことができる」ということです。

 しかし、インターンシップとひとくくりに言っても、実はさまざまな種類のインターンがあります。長期インターン、短期インターン、セミナー型、見学型、実践型インターン、有給インターン、無給インターン、1dayインターンなどです。1dayインターンで就業経験を積めるかといえば、答えは「NO」です。目的を明確にして参加しないとインターンシップに参加したけど得られるものはない、ということになります。それでも多くのインターンシップに参加した方がよいのかといえば、答えは「YES」になります。

 なぜならインターンシップに参加すると就職活動は「有利」になるからです。企業はインターンシップを開催する上で莫大(ばくだい)な経費を掛けています。メリットがなければお金を溝に捨てるのと一緒です。そのため、早い段階から学生と接点を持ち、早期選考の案内や特別セミナーの招待など特典をつけ、学生を囲い込もうとするのです。早い学生ですと大学4年生になる前に内定がもらえることがよくありますので、インターンシップには積極的に参加してください。

続きを読む

「ニュース」のランキング