産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】サニブラウンの“軸足”は、もう日本にはない 「コンビニがない」オランダで武者修行中

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
サニブラウンの“軸足”は、もう日本にはない 「コンビニがない」オランダで武者修行中

ダイヤモンドリーグの男子100メートルで、10秒22で5位となったサニブラウン・ハキーム=5月13日、上海(共同) ダイヤモンドリーグの男子100メートルで、10秒22で5位となったサニブラウン・ハキーム=5月13日、上海(共同)

 ミックスゾーンに引き揚げて来たサニブラウン・ハキーム(18)は、報道陣との間にある柵に両手を掛け、トラックの方向に視線を送った。

 「もう完全に集中力が切れてましたね」

 5月13日、陸上の最高峰シリーズ「ダイヤモンドリーグ」の第2戦、上海大会。走り終えたばかりの男子100メートルを、こう振り返った。悔しさで口元がわずかにゆがんだ。

 会場の上海体育場はホームスタンド1階席がほぼ満員。午後7時20分すぎ、気温24度、風は緩い追い風があるか、ないか。条件は申し分なかった。

 しかし、レースは思いがけない展開を見せる。まず、8レーンのアイザイア・ヤング(24、米国)がフライングで失格。仕切り直しの2回目、今度は7レーンの桐生祥秀(21、東洋大)がまさかのフライングでトラックから去ることに。主を失ったスターティングブロックが2つも並ぶ光景に、会場は騒然となった。

 サニブラウンはヤングが退場した直後、もう一度、誰かがフライングを犯すかもしれないと考えていた。なぜなら、この日のスターターは、「セット」の合図からスタートの号砲を撃つまでの間(ま)が少し長いように感じられたからだ。

 予感は見事に的中。だが、この2度のやり直しの間に、心身の歯車は微妙に狂ってしまっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • サニブラウンの“軸足”は、もう日本にはない 「コンビニがない」オランダで武者修行中
  • サニブラウンの“軸足”は、もう日本にはない 「コンビニがない」オランダで武者修行中
  • サニブラウンの“軸足”は、もう日本にはない 「コンビニがない」オランダで武者修行中

「ニュース」のランキング