産経ニュース

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】6000億円かけた豊洲を壊して更地にすると、小池百合子氏周辺から聞こえてきた 「都民ファースト」は都政へのチェック機能を果たせるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
6000億円かけた豊洲を壊して更地にすると、小池百合子氏周辺から聞こえてきた 「都民ファースト」は都政へのチェック機能を果たせるのか

櫻井よしこ氏 櫻井よしこ氏

 小池氏の心は既に離れていたのか。大臣として指導力を発揮することもなく、役人の意見に従ったのか。他方、懇談会では激しい軋轢が生まれた。委員の亀山継夫元最高裁判事は「部屋が割れるような大声で」抗議した。屋山氏は役人の言うなりの小池氏に業を煮やし、事務次官の炭谷茂氏に強く苦言を呈した。

 「クールビズの思いつきだけじゃ、首相にはなれないと、小池氏に言っておけ」

 だが患者に背を向ける事務次官を、小池氏は大事にした。氏は後に防衛大臣となり、即、事務次官のクビを切ったが、その間の事情もつまびらかにした『女子の本懐 市ヶ谷の55日』(文藝春秋)で、彼女はこう書いている。

 「必要な人は長くやっていただくこともある。環境大臣の際に、三年半にわたって炭谷茂次官を引き止めたのも私である」

 なるほど。では、小池氏が患者救済のためにしたことは何か。提言書の要旨を閣議に報告した。次に障害者用の小規模作業所と似た、水俣病患者の療養と養護施設用の建物をひとつ造った。箱造りは行政にとって一番格好がつく目に見える実績なのだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 6000億円かけた豊洲を壊して更地にすると、小池百合子氏周辺から聞こえてきた 「都民ファースト」は都政へのチェック機能を果たせるのか
  • 6000億円かけた豊洲を壊して更地にすると、小池百合子氏周辺から聞こえてきた 「都民ファースト」は都政へのチェック機能を果たせるのか

「ニュース」のランキング