産経ニュース

【経済インサイド】左利きやAB型とほぼ同じ割合…LGBTにビジネスチャンス ドンキは渋谷に専用トイレ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
左利きやAB型とほぼ同じ割合…LGBTにビジネスチャンス ドンキは渋谷に専用トイレ

東京・渋谷のドン・キホーテ店舗に設置されたLGBT用トイレの案内板。企業のLGBT対応として、トイレ対策も重要だ 東京・渋谷のドン・キホーテ店舗に設置されたLGBT用トイレの案内板。企業のLGBT対応として、トイレ対策も重要だ

 経済界で、同性愛者のレズビアンやゲイ、バイセクシュアル、性同一性障害者など性的少数者(LGBT)への対応が急ピッチで進んでいる。経済団体の中でも、最も保守的とされてきた経団連がこのほど、LGBTに対する企業の取り組みのあり方を提言した。これに加え、マーケティング会社の調査では、LGBTの消費意欲が高いこともわかり、LGBTの取り込みが、新たなビジネスチャンスとしても期待を集めている。

 経団連では、「女性の活躍推進委員会」が中心となって、提言をまとめた。企業の活性化やイノベーションの促進、競争力強化にはあらゆる人材がその能力を最大限発揮する「ダイバーシティ(多様性)」が不可欠と経団連では指摘してきた。これまで、女性、高齢者、高度外国人材などの活用を提言してきたが、今回「見えないマイノリティー(少数者)」とされるLGBTの活用を主要な経済団体では初めて提言した。

 提言の中では、日本人の7.6%がLGBTであるという調査結果をもとに、「左利きの割合」や「血液型がAB型」とほぼ同じであると指摘し、LGBTを受容できる社会の構築の重要性を強調した。

 具体的な取り組みとして、企業内でのLGBTに対するハラスメントや差別の禁止を社内規定で明記するよう求めたほか、性別にかかわらず使用できる「パートナー制度」を設定するなどの、社内の各種制度改正が必要だとした。LGBTが直面する切実な問題として、職場や各種施設に性別を問わないトイレを設けるなどの対応も不可欠だとしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 左利きやAB型とほぼ同じ割合…LGBTにビジネスチャンス ドンキは渋谷に専用トイレ
  • 左利きやAB型とほぼ同じ割合…LGBTにビジネスチャンス ドンキは渋谷に専用トイレ

「ニュース」のランキング