産経ニュース

【スポーツ異聞】サッカー15歳の中学生・久保建英は本当にすごいのか? 過去にも早熟の天才は多数いた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
サッカー15歳の中学生・久保建英は本当にすごいのか? 過去にも早熟の天才は多数いた

U-20日本代表でも堂々としたプレーを見せる久保(蔵賢斗撮影) U-20日本代表でも堂々としたプレーを見せる久保(蔵賢斗撮影)

 現在、仙台でプレーする平山相太(そうた、31)も国見高(長崎)時代に大活躍。2004年アテネ五輪の最終予選には高校生で唯一メンバーに選ばれた。卒業に際しては、当然、Jクラブによる争奪戦になったが、平山が選んだのは筑波大。しかし、その後は伸び悩んだ。現在も、仙台でプレーするも、高校時代に誰もが思い描いた平山像を超えてはいない。

 そのほかにも、18歳1カ月で日本リーグデビューを果たした戸塚哲也(56)、和製フリットと称された石塚啓次(42)、中学生でU-17日本代表エースストライカーになった礒貝洋光(いそがい・ひろみつ、48)、和製アンリと話題になった伊藤翔(28)…。いずれも10代のころ「天才」と騒がれたが、20代以降、その期待値を上回ることはできなかった。

 プロ野球でも、ドラフト1位で鳴りもの入りで入団した選手がプロではパッとしない例は多い。逆に、G大阪時代にジュニアユースからユースに昇格できなかったが、ハングリーさを持ち続け、20歳以降に“化けた”日本代表FW本田圭佑の例もある。

 久保は現時点では確かにセンスを感じる。ただ、「現時点」「中学生ながら」という形容詞は残る。注意深く成長を見守りたいところだ。

このニュースの写真

  • サッカー15歳の中学生・久保建英は本当にすごいのか? 過去にも早熟の天才は多数いた
  • サッカー15歳の中学生・久保建英は本当にすごいのか? 過去にも早熟の天才は多数いた
  • サッカー15歳の中学生・久保建英は本当にすごいのか? 過去にも早熟の天才は多数いた

「ニュース」のランキング