産経ニュース

【経済インサイド】ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

 限られたパイをめぐり、国内のコンビニは業界再編が進んだ。昨年9月、ファミリーマートとサークルKサンクスが統合し、ローソンを抜いて店舗数で2位に浮上。3位のローソンも中堅コンビニのスリーエフやポプラとの共同店舗を増やしている。

 首位セブン-イレブンを含め大手3社に集約されたことを受け、各社が拡大路線から採算重視に舵を切り、出店数を絞り込んでいるのもコンビニの増加数が鈍化している一因だ。

 ファミリーマートに至っては、30年2月のグループ店舗数は1万7683店と、前年同月比で442店の減少を見込む。経営統合に伴いグループの「サークルK」と「サンクス」を「ファミリーマート」に統一する過程で、商圏が重複する一部店舗を閉鎖するためだ。

 人手不足も足かせとなりつつある。アルバイトの人件費が高騰し、コンビニ運営が苦しくなっている。このためセブン-イレブンは店舗オーナーから徴収する加盟店料を9月から1%減額し、加盟店の負担を和らげる。セブン-イレブンなどコンビニ大手5社は平成37年までに国内の全店舗に来店客が自ら会計する「セルフレジ」を導入することも発表している。

続きを読む

このニュースの写真

  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…
  • ついにコンビニ飽和時代が到来か!生き残りに「御用聞き」「電球交換」…

「ニュース」のランキング