産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈618〉】「週刊新潮」の大特集「『文春砲』汚れた銃弾」 OBだから言うわけではないが…悪どい意図はなかったと信じたい

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈618〉】
「週刊新潮」の大特集「『文春砲』汚れた銃弾」 OBだから言うわけではないが…悪どい意図はなかったと信じたい

週刊新潮2017年5月25日号中づり広告(新潮社サイトより) 週刊新潮2017年5月25日号中づり広告(新潮社サイトより)

 以後の『新潮』の執拗(しつよう)な取材ぶりはさすがというしかない。

 『文春』側は現段階では社として〈情報を不正あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したなどの事実は一切ありません〉と否定している。

 文芸春秋OBだから言うわけではないが、文芸春秋の体質、新谷学編集長の性格からしてスクープ潰しとかスクープ泥棒という悪どい意図はなかったと信じたい。単純にライバル誌が、今週はどんなメニューなのかを知りたかっただけなのではないのか。

 週刊誌界のリーダー『新潮』としてはコラムでちょっと皮肉を飛ばすくらいで済ませた方がスマートだった。

 ちなみに『新潮』、今週の中吊り、約半分がこの特集。(月刊『Hanada』編集長)

このニュースの写真

  • 「週刊新潮」の大特集「『文春砲』汚れた銃弾」 OBだから言うわけではないが…悪どい意図はなかったと信じたい

「ニュース」のランキング