産経ニュース

【NEWご当地グルメ】ハマグリと生タマネギが出会うと… 千葉・白子町の九十九里HAMAバーグ丼

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【NEWご当地グルメ】
ハマグリと生タマネギが出会うと… 千葉・白子町の九十九里HAMAバーグ丼

九十九里HAMAバーグ丼。タマネギとハマグリの2種類の食感が新鮮だ 九十九里HAMAバーグ丼。タマネギとハマグリの2種類の食感が新鮮だ

 九十九里浜を望む千葉県白子町はこの時期、特産の「白子たまねぎ」の収穫でにぎわう。タマネギ狩りは5月いっぱい楽しめ、町中で網の袋にぎっしりタマネギを詰め込んだ販売所を見かける。

 「旬の新タマネギを生のまま入れると、めちゃくちゃ甘くておいしくなるんですよ」。九十九里HAMAバーグ丼を開発した洋食店「かわごえ」の川越定利さん(66)は、白子のタマネギを語り出すと、自然と表情が緩む。

 タマネギは炒めず生のまま大きめにみじん切りにし、白子特産のハマグリもブツ切り。「どちらが主役だか分からないでしょ」と川越さん。タマネギのみずみずしいシャキシャキ感と歯応えのあるハマグリの両方の食感が楽しい。肉は豚肉のみを使っており臭みはなく、ハマグリの旨味(うまみ)がにじみ出てくるような後味が残る。まさに白子町のおいしさを凝縮した一品だ。

 宮崎県出身の川越さんは大阪の料理学校を卒業後、全国各地のホテルやゴルフ場で料理長などを務めた。約15年前、一宮町の保養所勤務となった際に白子町に定住を決意。間もなく現在の洋食店を開業した。

 当初、故郷宮崎産の食材にこだわっていたが反応が鈍かった。同じころ、町おこしの話が持ち上がり、タマネギやトマト、海鮮など地元食材に着目するようになった。

続きを読む

このニュースの写真

  • ハマグリと生タマネギが出会うと… 千葉・白子町の九十九里HAMAバーグ丼
  • ハマグリと生タマネギが出会うと… 千葉・白子町の九十九里HAMAバーグ丼

「ニュース」のランキング