産経ニュース

【国際情勢分析】韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【国際情勢分析】
韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる

4月18日、ソウルの米商工会議所の会合に登壇したペンス米副大統領(AP) 4月18日、ソウルの米商工会議所の会合に登壇したペンス米副大統領(AP)

 4月中旬以降、米国の正副大統領が相次いで、韓国経済外交の金字塔である米韓自由貿易協定(FTA)の公平性を疑問視し、「見直し、改める」(ペンス副大統領)、「容認できない」(トランプ大統領)と述べたことに、韓国で衝撃が広がっている。強硬な通商政策を掲げるトランプ政権の発足時から想定された事態ではあったが、米政府の最高位からの改訂宣告に「ついに懸念が現実になった」として、政府や経済界が今後の対米交渉に身構えている。

 「米韓FTAを見直し、改めたい」「(対韓)貿易赤字がFTA発効後の2年間で2倍以上に増加した」「米企業の(韓国)参入には多くの障壁が存在し続けており、それが米労働者に不利に働いている」

 4月18日、ソウルの在韓米商工会議所の会合には、多数の経済関係者が集まっていた。登壇した米国のマイク・ペンス副大統領(57)の穏やかな語り口とは対照的に、講演の内容は、米韓の経済関係をめぐる厳しい現状認識があふれていた。

 副大統領として初訪韓したペンス氏は、17日に北朝鮮国境近くを訪れ、「米国は100%韓国とともにある」と力強く述べていた。それだけに、北朝鮮の核・ミサイル危機の最中の「FTA改訂宣告」は、韓国国内に衝撃を与えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる
  • 韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる
  • 韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる
  • 韓国外交の金字塔「米韓FTA」をトランプ政権がバッサリ 打ち切り?再交渉?部分改訂?意図を勘ぐる

関連トピックス

「ニュース」のランキング