産経ニュース

【トレンド日本】高級ティッシュの世界 これで鼻をかめますか? 1箱千円、さらに1組70円の商品も! 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
高級ティッシュの世界 これで鼻をかめますか? 1箱千円、さらに1組70円の商品も! 

大昭和紙工産業の「十二単」。12色のグラデーションが美しい(写真は12色が分かるように重ねたもの) 大昭和紙工産業の「十二単」。12色のグラデーションが美しい(写真は12色が分かるように重ねたもの)

 世界的に見ても高品質なのに安価とされる日本のティッシュペーパー。量販店では5つパックが200~300円ほどで売られているものもあるが、その逆を行く高価な製品が密かに売れている。もったいなくて、値段を聞くだけで鼻水も止まる? 

十二単の雅は企業の贈答用に

 大昭和紙工産業(東京都中央区)の「十二単(じゅうにひとえ)」の値段は驚きの1箱1万円(税込み)! インターネット通販のみで販売している。1箱288枚で、2枚1組。ゆえに、1組は約70円。2014年に販売を始めると交流サイト(SNS)などで話題になり、月に80箱前後が売れているという。企業や商店などが贈答用に買い求めるケースが目立つ。

 紙は12色に染められていて、「蘇芳(すおう)」「常磐緑(ときわみどり)」「わすれな草」など、みやびやかで印象的な名をもつこれらの色はかつて十二単に用いられたという。箱は特別な厚紙でできており、風呂敷で包んで販売する。

 漆器の美しさを意識して紙を深みのある赤と黒に染色して4枚重ねにした、ティッシュの常識を覆す「漆」(1620円、税込み)も人気。

 企画デザイン室の冨樫圭司係長は「大人の雰囲気なのでお酒を出す店、たとえばホストクラブでホストがお客さんにサッと差し出したりしたら面白いでしょうね」とユニークな利用シーンを想定する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高級ティッシュの世界 これで鼻をかめますか? 1箱千円、さらに1組70円の商品も! 
  • 高級ティッシュの世界 これで鼻をかめますか? 1箱千円、さらに1組70円の商品も! 

「ニュース」のランキング