産経ニュース

【経済インサイド】父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」

大塚家具の大塚久美子社長 大塚家具の大塚久美子社長

 株主総会ですべての議案が承認され、経営の立て直しを急ぐ大塚家具だが、現預金が27年12月末の109億円から28年12月末には38億円にまで大幅に減少している。小型店や専門店の拡大を中心とした新たな経営ビジョンはもう失敗が許されない状況だ。

 一方、騒動後に父の勝久氏が設立した匠大塚は高級路線を貫き、小さな規模で事業を展開している。業績は非公表で、経営状態は不明だが、低価格のニトリやイケアとの差別化はできている。久美子氏が小型店・専門店の拡大、接客サービスの違いを鮮明にし、ニトリやイケア、匠大塚と差別化を図り、インテリア業界で独自のポジションを築けるかが、今後の生き残りのカギとなりそうだ。(経済本部 黄金崎元)

【用語解説】大塚家具

 昭和44年創業の家具小売業。会員制販売の導入や独自の接客方法で事業を拡大した。平成26年に創業者で父の大塚勝久前会長と娘の大塚久美子社長が経営方針をめぐって対立。27年の定時株主総会で経営権をめぐる委任状争奪戦が起こり、久美子社長が勝利した。勝久氏は27年に高級家具を販売する「匠大塚」を設立し、会長に就任している。

【プロフィル】大塚久美子

 おおつか・くみこ 一橋大卒。平成3年富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)。6年大塚家具。21年社長。26年社長を解任され取締役。27年1月に社長復帰。49歳。埼玉県出身。大塚家具創業者の大塚勝久氏の長女。

このニュースの写真

  • 父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」
  • 父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」
  • 父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」
  • 父娘のお家騒動から2年 最悪赤字45億円 もう後がない大塚家具 久美子社長「出血を止めなければ…」

「ニュース」のランキング