産経ニュース

【政界徒然草】自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう

森友学園の小学校建設予定地の視察を行い、スマートフォンで現場を記録する辻元清美元国土交通副大臣=2月28日、大阪府豊中市(永田直也撮影) 森友学園の小学校建設予定地の視察を行い、スマートフォンで現場を記録する辻元清美元国土交通副大臣=2月28日、大阪府豊中市(永田直也撮影)

 辻元氏は3月24日付で自身の公式ウェブサイトにも「安倍昭恵夫人と籠池夫人とのメールにおける辻元清美に関するデマ」として、民進党役員室の否定する見解を掲載している。ただ、辻元氏のウェブサイトをよく見ると、プロフィルや政策、活動実績と並び、他の国会議員のウェブサイトでは見ることのない「デマについて」というタブがあるのだ。

 現在、このコーナーに掲載されているのは「震災に関するデマ」「日本赤軍、過激派に関するデマ」など10のデマ。「震災に関するデマ」では、辻元氏が7年の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいたとのデマについて、「このような記事は、事実無根であり、辻元は、(これを報じた)産経新聞に対して名誉棄損で裁判を起こし、勝訴しています」とし、東京地裁の判決要旨も掲載している。 「日本赤軍、過激派に関するデマ」についても、「まったくの事実無根。辻元清美がそのような団体に身を置いたことも、関係したこともありません」とし、「またそうした事実があれば、辻元清美は『国土交通副大臣』になれなかったでしょう。『身体検査』でひっかかるはずです」として、関係を否定した。

 「支援物資を横流ししたというデマ」では、東日本大震災の発災当初、辻元氏が設立したピースボートがいわき市の支援物資を横流ししたとの情報に、「第一に、ピースボートの活動地域は、福島県いわき市ではなく、宮城県石巻市でした。いない団体が支援物資の足止めをすることはできません」と否定。残り7つのデマについても同様に全て否定する見解を掲載している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう
  • 自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう
  • 自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう
  • 自分のデマをも武器にする? 辻元清美元国交副大臣を蓮舫代表も見習おう

「ニュース」のランキング