産経ニュース

【スポーツ異聞】箱根駅伝の“犠牲者”か 「山の神」柏原竜二の早すぎる引退で問われる駅伝とマラソンの相関関係

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
箱根駅伝の“犠牲者”か 「山の神」柏原竜二の早すぎる引退で問われる駅伝とマラソンの相関関係

第88回箱根駅伝で5区を区間新記録で走り、4年連続往路優勝のテープを切る東洋大・柏原竜二。早すぎる引退を表明した=2012年1月2日、神奈川・足柄下郡箱根町の芦ノ湖 第88回箱根駅伝で5区を区間新記録で走り、4年連続往路優勝のテープを切る東洋大・柏原竜二。早すぎる引退を表明した=2012年1月2日、神奈川・足柄下郡箱根町の芦ノ湖

 箱根駅伝の“犠牲者”ではないか。そう表現しても、言い過ぎではないだろう。

 東洋大時代に東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で5区で4年連続区間賞を獲得し「新・山の神」と称された柏原竜二(27)の現役引退が4月3日、所属先の富士通から発表された。

 富士通陸上部の退部は3月31日付。富士通の公式ホームページのブログでは「度重なる怪我・故障をしてしまい、今でも完治しておらず、復帰のめどが立たないことから、第一線を退くことにしました」と綴っている。今後は社業に専念するとも書かれている。27歳という、本来は脂の乗った時期での引退だけに、惜しまれるというか、もったいない。

 もちろん、箱根駅伝と現役引退の因果関係はおいそれとは証明できない。過去にはアキレス腱を故障し、長期離脱したこともあるのは事実。箱根で超人的な走りをしたツケが回ってきた可能性は否定できないだろう。

 駅伝がマラソンの強化につながる、と言われてきた。しかし、そもそも箱根駅伝での活躍→マラソンの活躍の“方程式”は成立するのだろうか。常々、疑問に思ってきた。

 実際、「山の神」と称された選手は、他にもいる。順大で3年連続5区の区間賞を獲得した今井正人(33)=現トヨタ自動車九州=と青学大で5区の区間賞と同2位の神野大地(23)=コニカミノルタ=だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 箱根駅伝の“犠牲者”か 「山の神」柏原竜二の早すぎる引退で問われる駅伝とマラソンの相関関係

「ニュース」のランキング