産経ニュース

【防衛最前線(116)】戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【防衛最前線(116)】
戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者

海上を進むエアクッション艇「LCAC」(海上自衛隊提供) 海上を進むエアクッション艇「LCAC」(海上自衛隊提供)

 四方を海に囲まれ、6800以上もの島々からなる日本。万が一にも離島に敵が侵攻した場合、陸上自衛隊の精鋭がそろう西部方面普通科連隊(西普連)や今年度末に創設される「水陸機動団」が中心となって奪還作戦を展開するが、その勝敗に直結するのが補給の確保だ。海上自衛隊のおおすみ型輸送艦に搭載されたホーバークラフト型のエアクッション艇・通称「LCAC(エルキャック)」は、最高時速約90キロもの高速で海上を移動し、90式戦車をはじめとして一度に約50トンもの物資を海岸に送り届ける力持ち。まさに離島での作戦遂行に欠かせない陰の立役者といえよう。

 LCACは全長26・7メートル、最大幅14・3メートルで排水量は85トンと比較的大きく、おおすみ型に2艇ずつ搭載。おおすみ型は「おおすみ」「しもきた」「くにさき」の3隻が存在するので、海自全体としては計6艇を保有していることになる。いずれも護衛艦や潜水艦などと同じく、自衛艦としての扱いを受けている。

 おおすみ型は海自最大の輸送艦で、大型車両65台もしくは90式戦車18両を輸送できるが、港湾施設のない場所に着岸することはできない。これに対してLCACは、ホーバークラフトと同じ原理で大量の空気を海面に噴出させながら浮上するため、海上だけでなく砂浜などに乗り上げて陸地を進むことも可能だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者
  • 戦車も運べるエアクッション艇「LCAC」 新設の水陸機動団も使う上陸作戦の立役者

関連ニュース

「ニュース」のランキング