産経ニュース

【マッド三枝が行く!!】沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【マッド三枝が行く!!】
沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った

 米トランプ政権の国防長官、ジェームズ・マティス氏のニック・ネームは「マッド・ドッグ」(狂犬)であることは「産経ニュース」のユーザーならすでにご存じだろう。なんでもマティス長官は勇猛果敢なだけでなく、冷静で知的な言葉遣いができる人物らしい。一つの真実を追い求め、深層を読み解くニュースハンターに必要な資質にも通じる。ならば部下にも「マッド・ドッグ」が欲しい。WEB編集チームの1人の中年記者にS編集長は望みを託した。行け、「マッド三枝」!。お前はマッド・ドッグになるのだ!!。アメリカの「マッド・ドッグ」も注視している沖縄へ飛べ!! 

 ◇

 「(私のしたことは)不法侵入ですよ。それがどうしたんですか。基地建設の違法性を証明するためには、ヘリパッドの建設予定地に入らないといけないでしょう。法を犯してでも達成しなければならない正義があるんですよ」-。男性の口調は熱を帯びた。男性宅の滞在は1時間を過ぎていた。ずっと気になっていたことを口にした。「これは違法な手段で撮影した写真ではないですか」。それに対する男性の答えに迷いはなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った
  • 沖縄編(上)「ボディーガード」もつけずに、沖縄左派の高江の拠点へ そこで会った活動家は意外なことを口走った

関連ニュース

「ニュース」のランキング