産経ニュース

【滝沢秀明インタビュー】「滝沢歌舞伎2017」5月には上演600回達成も「まだまだ」 劇場限定弁当「滝こみごはん」も注目

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【滝沢秀明インタビュー】
「滝沢歌舞伎2017」5月には上演600回達成も「まだまだ」 劇場限定弁当「滝こみごはん」も注目

「滝沢歌舞伎2017」のポスター 「滝沢歌舞伎2017」のポスター

 発売するや瞬時に全席が売り切れる「滝沢歌舞伎2017」(ジャニー喜多川企画・構成・総合演出)が、今年も完売状態で4月6日、新橋演舞場(東京都中央区)で開幕する(5月14日まで)。5月に通算上演回数600回を達成する。「“もう”ではなく、“まだ600回なのか”という感じ」。座長を務め、さらに遠くへと目を向ける人気デュオ「タッキー&翼」の滝沢秀明(35)に意気込みなどを聞いた。

三宅健とダブル女形

 《「滝沢歌舞伎」は、2006年に「滝沢演舞城」として始まった、和の魅力を絵巻物のように見せるエンターテインメントショーだ。10年の公演で「-歌舞伎」の名称を使い、以後は13年が「-演舞城」だったのをのぞいて一貫して「-歌舞伎」。10年からは演出も滝沢が手がけている。15年には、10周年を記念してシンガポールで初の海外公演も行った。16年に続き、先輩でV6の三宅健が出演する》

 「三宅健君の出演は、お客さまから『もう一度、実現できませんか』との声をいただき、健君に直接お話をさせていただいたところ、『分かった』と一言で受けていただいて実現しました。今回はふたりで女形にも挑戦します。健君は、はじめは『無理』と言っていましたが、前回と同じものをやるなら意味がない。健君と一緒に挑戦したいと思ったのです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「滝沢歌舞伎2017」5月には上演600回達成も「まだまだ」 劇場限定弁当「滝こみごはん」も注目

「ニュース」のランキング