産経ニュース

【ニュースの深層】「え! あの果物で」食品による子供の窒息死、5年で3桁 「兄・姉のリスク」にも注意を

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
「え! あの果物で」食品による子供の窒息死、5年で3桁 「兄・姉のリスク」にも注意を

 子供が食べ物を気管に詰まらせて窒息する事故が後を絶たない。消費者庁や医療機関などが分析した事故原因によると、豆・ナッツ類の誤嚥(ごえん)が重症化しやすいことに加え、日常的に子供が口にする菓子や果物でも事故が起きていることが分かった。年長の子供が食べられる物でも、年少の乳幼児には危険な場合があり、消費者庁は子供の食事に関わる保護者や幼稚園、保育所などの関係者に注意を呼びかけている。

8割が6歳以下

 消費者庁は15日、菓子や果物、パンなど食品を気管に詰まらせて窒息死した14歳以下の子供が平成26年までの5年間で103人に上るとの集計結果を公表した。うち約84%の87人が0~6歳の未就学児だった。

 厚生労働省の人口動態統計の死亡調査票を分析した。年齢は0歳が最多の49人。次いで1歳18人、2歳9人、3歳6人、8歳4人の順だった。

 原因となった食品は団子やマシュマロ、ゼリーなど菓子が11件。リンゴやブドウなど果物5件、ホットドッグなどパン4件が目立った。食品が不明なのは72件に上る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「え! あの果物で」食品による子供の窒息死、5年で3桁 「兄・姉のリスク」にも注意を

「ニュース」のランキング