産経ニュース

【日曜経済講座】ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日曜経済講座】
ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

 さらなる「雪解け」を先読みする動きを受けて、フロリダ州マイアミにある米運用会社、トーマス・J・ハーツフェルド・アドバイザーズ(TJH)の元には問い合わせが急増しているそうだ。同社が運用する「ハーツフェルド・カリビアン・ベイズン・ファンド(CUBA)」への関心である。

 「CUBA」ファンドはナスダック市場で取引される投資信託の一種で、「クローズドエンド・ファンド」と呼ばれる組成方式をとる。一部解約や減資ができない分だけ、ファンドへの現金の出入りが安定している。名前が示す通り、「CUBA」ファンドの投資対象はキューバを中心とするカリブ海周辺国で観光、天然資源、建設などのビジネスを展開する上場企業だ。

 実は、TJHは2号ファンドの設立を検討しているという。投資家の間でも「雪解け」期待が強まっているためだ。TJHのエリック・ハーツフェルド社長によると「今のキューバは(対外開放政策を推進した)1990年初頭のベトナムと環境が似ている」。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

「ニュース」のランキング