産経ニュース

【日曜経済講座】ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日曜経済講座】
ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

 ナスダック市場とペンシルベニア大学ウォートン校が共同主催する「キューバ・サミット」、マンハッタン中小企業団体による「キューバでのビジネス」、シンクタンクAS/COA主催の「米国とキューバの協力」-。このところのニューヨークでは、キューバへの事業投資に関するセミナーが目立ち始めた。材料は、米国とキューバの「雪解け」である。

 キューバは、1959年の社会主義革命で旧ソ連に接近し、核戦争寸前の「キューバ危機」を引き起こす。米国とは61年から国交を断絶していたが、2015年には大使館を相互に設置した。

 演出したのはオバマ前米大統領。16年3月に現職の米大統領としては88年ぶりにキューバを訪問した。同10月には大統領令に署名し、科学技術、人道援助、貿易の分野で協力を進め、関係正常化を「不可逆的」とした。

 そこで、米・キューバ間のビジネス・投資交流拡大に対する期待が生まれたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇
  • ベトナムの次はキューバ投資? 米国との「雪解け」期待が材料 ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇

「ニュース」のランキング