産経ニュース

【ウワサの現場】JR新小岩駅にホームドア 「最後の切り札」で頻発する自殺を防げるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ウワサの現場】
JR新小岩駅にホームドア 「最後の切り札」で頻発する自殺を防げるか

 屋根には、約2メートル四方の青い半透明のプラスチック板が等間隔で埋め込まれ、日光が青色になってホームに差し込むようになっている。青色が人の心を落ち着かせる効果があるとされることから実施した対策だ。

 〈あの人 この人に 支えられ 今を生かされ 生きている〉〈隣に立った知らない人も きっとどこかで繋がっている〉。ホーム上にある時刻表の脇には自殺防止を意識した言葉が掲示されている。

 しかし、いずれも飛び込みを止める効果は十分ではなかったようだ。

「駅員もダメージ」

 飛び込み事故は列車の遅れにつながることから、同駅への苦情も後を絶たない。事故後の対応も重なり、「駅員も精神的にダメージを受けている」(JR関係者)という。

 NEXが駅付近を通過する際にスピードを落とす可能性について、JR東日本千葉支社は「速達性の観点からも、大幅なダイヤ変更が必要という観点からも難しい」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • JR新小岩駅にホームドア 「最後の切り札」で頻発する自殺を防げるか
  • JR新小岩駅にホームドア 「最後の切り札」で頻発する自殺を防げるか

「ニュース」のランキング